• オンラインカジノライセンスの費用

    キュラソー島で取得できる低コストかつ魅力的なライセンス。

    他国からオンラインカジノを運営したいときキュラソー島で法人設立を検討する運営者が多い。

    その理由は、巨額の資本を持たなくても、運営許可書(ライセンス)を簡単に取得できることが一つであり、そして監査機関の審査がそれほど厳しくなくオンラインカジノを短時間で立ち上げることも可能だ。

    オンラインカジノの運営者はなぜキュラソー島でライセンスを取得するか?

    国際的に認められていることと低コストに加え、シンプルな登録手続、低い参入障壁と少数の申請書類がキュラソーライセンスのメリットとしてよく挙げられる。

    キュラソーライセンスを取得するためにいくら必要か?

    ライセンス料金は申請者の個人的な資源など多くの要素に左右される。大雑把な計算だが、ライセンス料金の初期額は2万ユーロを下回る。他の国に比べると手頃な価格だよね。

    キュラソー島でライセンスを取得すると、ヨーロッパの銀行で口座を開設することも可能となるし、立ち上げたオンラインカジノを信頼性の高い決済システムとも接続できるようになる。

    ライセンスを取得するにあたり、当国の税制面の優遇措置の有無も確認しよう。

    ある国で他国よりライセンスにかかる費用が低く見えるかもしれないが、ライセンスを取得したのち年末税金を納める際、税率が高いため巨額な税金が取られる領土もある。

    キュラソー島は優遇税制を有し、2%の法人税率は間違いなく魅力的だ。

    キュラソーライセンスの料金に以下のも含まれる:

    • 優遇措置を受ける現地のオフショア会社の設立
    • ギャンブリングライセンスの発行
    • ホスティングサーバとデータ容量
    • 初年度の会社管理
    • 申請書類の記入、手続と提出(提出後およそ2−3週間で済む)

    ライセンス料金の総額は必要なサービスなど、多くの要素に左右される。

    下記のテーブルにおいて、キュラソーライセンスを取得するにあたり支払う費用とベーシックパッケージの詳細をまとめた。

    ライセンス料金の見積もり

    2万ユーロ

    まずは、キュラソー島で信託会社を開設しなければならない。申請する際、キュラソー島で法人を所有することが必須条件であり、当国での法人を合法的に運営できる為には現地の経営者と物理的な住所が必要で、両方ともの費用がライセンス料金に含まれており、銀行口座開設と申請手数料が別途かからない。

    キュラソー島で信託会社を設立すると、キュラソー経済特別区でも法人を立ち上げることが出来る。

    キュラソー経済特別区で設立した法人は、さまざまな優遇措置を享受でき、べらぼうに低い2%の法人税、消費税と輸入税の皆無が魅力的な要素の一つである。

    次は、審査中に一回限りの料金、手数料、知的財産対応に関するサービス料とライセンス料金を納付しなければいけない。

    なお、申請者は申請料、ライセンス料金と維持費に加え、年間ライセンス料も支払う必要がある。

    ライセンス料が事業の規模の大きさによって変動するので注意が必要。

    もう一つ気をつけないといけないことがあって、キュラソー島で立ち上げたオンラインカジノを国外から運営したい場合、当国の規制に対応するには全てのカジノ用のサーバーをキュラソー島に設置することも要求されている。

    テーブルに記載したように、オンラインゲームのホスティングに必要な料金も含むが、事業の成長に従い維持費が当然増える。

    ライセンスを取得するには必要最低限のサービスを利用する必要があり、キュラソーライセンスの費用は多くの要素に左右され、上記の見積もりをあくまでも目安として捉えて欲しい。

    キュラソーライセンスの発行とは?

    オンラインカジノを立ち上げることにあたり、カジノをどのように合法的に運営すればいいか、トラブルが生じた際それをどのように対処すればいいかといった問題に直面しなければいけないが、ギャンブル業界の特徴が分からなかったり、知識が不足していたりする起業家がたくさんいると思う。

    キュラソーライセンスを取得しようとすると経験豊富な専門家の助けを求めても良く、不明な点などがありましたら、お気軽にご相談ください。

    キュラソー島の法律に詳しい専門家もいるし、国際的に認められているライセンスを発行され、オンラインカジノを合法的に運営できることは確保されている。

    適切な対応を提供するには以下の書類をご提出ください。

    • 身分証明書
    • 銀行口座の証明書
    • 全ての書類の英訳
    • 会社の損益計算書
    • 経営計画

    ライセンスを取得する必要があるか?

    もちろんある!

    国際的な市場に展開をはかるにあたり、ライセンスを取得し合法的に運営されたオンラインカジノと「責任あるアプローチ」が欠かせない。

    ギャンブル業界は以下のように規制される

    • 領土においてギャンブルを規制する
    • ギャンブル業界を独占する
    • 領土において博打行為を禁止する
    • ギャンブル業界は存在しない

    博打行為は法律によって規制されない場合、マン島、ジブラルタル、マルタ共和国、キュラソー島やオルダーニー島などの政府機関が発行した国際的なライセンスを取得すれば良い。

    ライセンスをどのように取得するか?

    ライセンスを取得するのは決して簡単ではない。

    博打を全面禁止した国もたくさんあるため、合法的にオンラインカジノ を運営するには博打行為に反感を持たない政府機関にライセンスを発行してもらうことを勧める。

    現在、人気を集めているキュラソー島の認定機関がオンラインカジノを立ち上げるに必要な運営許可書を素早く発行し、初めて会社を設立する起業家に低コストのキュラソーライセンスを検討して欲しい。

    当局は1996年に創業され、信頼性のある安定したサービスを提供している。

    一つのライセンスを取得するとどのギャンブル行為をしても法律に引っかからない。

    運営許可書を取得するには、「Chamber of Commerce of the Antilles」の登録を行う必要があり、オフショア会社を設立しなくてはならない。

    申請する前に、必要最低限の書類を用意しよう。

    手頃なキュラソーライセンスの取得は相当はやく済むはずだが、自分自身で煩瑣な手続に直面しなければならないし、当局の審査に通らない申請者も少なくない。

    手続と審査の時間と手間を節約したい起業家のために全面的なサポートを行う。

    様々な側面からサポートを実施するので、キュラソーライセンのノウハウを貴方にも一目瞭然に!


  • スマホアプリでプレイするオンラインカジノとその利点

    オンラインカジノはインターネットの普及と共に様々な方々にプレイされるようになってきました。その人気が世界的に広まった中で、近年は新たな遊ばれ方でオンラインカジノがプレイできるようになっています。

     

    というのも一昔前まではオンラインカジノといえばパソコンを使ってするものが大半でした。その種類にはソフトウェアを必要とするものと、インターネット上ですべてが完結するものの2種類がありました。しかし現在急激に普及したスマートフォンの影響を受けて、ゲームプロバイダーやオペレーターもアプリでプレイできるサービスを開発し、提供しているところが多くみられます。

     

    アプリでプレイできることの利便性は言わずもがな、場所を選ばずにプレイできる点です。パソコンはなかなか持ち歩けませんし、Wi-Fi環境があるところでしか使用できません。ところがアプリケーションを入れたスマートフォン端末などはどこにでも持ち歩けて、いつでも自分の好きなタイミングでプレイすることができます。

     

    人気カジノであるベラジョンカジノやW88カジノ、ウィリアムヒルスポーツカジノ、ネットベットカジノなどはその代表的な例です。もちろんかつてパソコンを通してのみプレイできた内容が同等、もしくはそれ以上のクオリティーでアプリで使用できるため、ゲームの種類、内容共に非常に充実しています。

     

    もちろんそれぞれのインターネットカジノサイトには特徴があり、メリットもデメリットも異なります。そのため、まずはそのサイトが何に特化しているのか(スロット、スポーツベット、ライブカジノ、ルーレットなど)、それが自分の興味に合っているのか、そしてサイト自体が信用できる団体によって運営されておりその運営は公平で透明かどうかなどを重視するとよいでしょう。

     

    オンラインカジノによって入金や出金手段が異なったり、安全性に対する配慮やカスタマーサービスも異なりますので、ぜひ当サイトをご覧になってオンラインカジノについて詳しく勉強なさってみてください。